罹患率の多いクラミジア|パートナーの為にも行ないたいエイズ検査|性病検査は定期的にしよう
病院

パートナーの為にも行ないたいエイズ検査|性病検査は定期的にしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

罹患率の多いクラミジア

看護師

性病の中でも、罹患率の多い病といえば、クラミジアが挙げられます。性病といえば多くの人はHIVなどの重篤な症状を思い浮かべるでしょうが、このクラミジアも放置することで不妊症や性器への炎症などを招く恐れがあるため、注意が必要な病となります。クラミジアは若い世代の男女が多く罹患する病です。主に性器周辺や尿道などで繁殖し、性行為によって相手に伝染することがあります。しかし、感染経路は喉である場合もあるため、ディープキスやオーラルセックスによって伝染することもあり、たとえコンドームを付けて性行為を行おうとも、感染してしまう可能性があるのです。もっとも厄介なのが、人によってはクラミジアに感染しても自覚症状が現れないことでしょう。代表的な自覚症状といえば、男性の場合に尿道痛や尿に膿が混ざるなどの症状が現れ、女性であれば下腹部の痛みや出血が見られることがあります。しかし、男性の5割、女性の8割がこうした自覚症状を感じないというデータもあるため、目立った症状がないからといって感染していないと断定することはできません。無症状のクラミジアなどの性病はいつ罹患するかわかりません。定期的にしっかりと性病検査を受け、病気に罹っているかどうかを調べましょう。

クラミジアは性病検査を受けることで、罹っているかどうかを調べられます。病院や保険所であれば、尿や膣内の分泌液を調べることで、クラミジアの有無を調べてもらえます。性病検査キットでも、キットに含まれている道具を使用し、サンプルを送付することで、クラミジアに感染しているかどうかがわかるでしょう。症状が現れないため、わざわざ病院や保険所まで行くことに抵抗がある人も多いでしょう。検査キットならば、自宅で手軽にできるため、念のため検査をしておきたいという人におすすめできます。